top of page

プラセンタ治療(注射)

​プラセンタとは

プラセンタとは、人間をはじめとした哺乳類の胎盤のことをいいます。

胎盤とは、女性が妊娠した際、お腹の赤ちゃんの成長とともに子宮の中に作られる組織のことです。その重さは、出産直前になると500gにもなります。

胎盤は、お腹の赤ちゃんに栄養を送ったり、老廃物を母体に戻したり、有害物質から赤ちゃんを守るなど、重要な役割を担っています。
プラセンタには、タンパク質・糖質・脂質の三大栄養素をはじめとして、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、細胞の新陳代謝を促す成長因子など、豊富な栄養素が含まれています。そのため哺乳動物の多くは、出産後に自分自身の胎盤を食べることで、栄養を補給し、体力の回復をはかっているといわれているほどです。この胎盤からプラセンタエキスを抽出し、プラセンタ製剤が出来上がります。

​プラセンタの効果(泌尿器治療)

前立腺肥大、膀胱炎の症状に効果があります。

施術の副作用(リスク)

発赤、腫脹、硬結、動悸、痺れ、悪寒、めまい、悪心、肝機能障害、アレルギー反応の可能性があります。治療効果を実感いただくのに複数回の施術が必要となる場合もあり、その都度副作用が生じる可能性もございます。

プラセンタ

プラセンタは胎盤のことで、プラセンタエキスとは胎盤から抽出した有効成分を抽出した​ものです。

このエキスを注射で直接体内に取り込みます。

プラセンタは内科・婦人科をはじめ殆どの診療科目に対して効果があります。

プラセンタ注射
週に1回の皮下注射を3ヶ月1クールとして実施しています。

1回(4アンプル)3,500円(税込)

​初診料が2,200円必要となります。

 

プラセンタ
ED治療

ED治療(内服)

当院では3種類の内服薬を処方しております。

カウンセリング後、症状に応じた内服薬を選び処方します。

価格は、どの内服薬も同じです。

施術名:ED治療薬の内服
施術の説明:ED治療薬を内服し、有効成分を体内に取り込み、有効反応を得ます。

*ED治療薬は、血流改善によって勃起を補助するものなので、服用後に性的刺激や性的興奮がなければ勃起しません。

 

施術の副作用(リスク)

下痢・便秘等の消化器症状、肝機能障害、頭痛、動悸、不整脈、鼻閉、皮疹などのアレルギー反応の可能性があります。治療効果を実感いただくのに複数回生じる可能性もございます。

 

狭心症のニトロ系(硝酸剤)の治療薬を服用している方や、治療による管理がされていない不整脈の方、6ヶ月以内に脳梗塞・脳出血、心筋梗塞の既往歴のある方など、ED薬の処方ができない方もいらっしゃいます。 
・硝酸剤をお使いの方
・過去にED薬を服用してアレルギーを起こしたことがある方
・心血管系障害などにより性行為を控えるように医師から言われた方
・不安定狭心症の方、または性行中に狭心症を起こす恐れのある方
・直近3ヶ月以内に心筋梗塞を起こした方
・直近6ヶ月以内に脳梗塞・脳出血を起こした方
・治療による管理がされていない不整脈の方
・低血圧の患者(最大血圧90mmHg未満または最小血圧が50mmHg未満)

・高血圧の患者(安静時収縮期血圧170mmHg以上、又は最小血圧が100mmHg以上かつ治療による管理のされていない方)
・重大な肝障害のある方
・進行性の夜盲、視野狭窄などの網膜色素変性症の方
・未婚の未成年者

ED

レビトラ(10)  1錠    2,000円
レビトラ(20)  1錠    2,500円
シアリス(10)  1錠    2,000円
シアリス(20)  1錠    2,500円
バイアグラ(50) 1錠    2,000円

形成外科

形成外科手術

当院では局所麻酔を使った形成外科・美容形成外科手術も行っております。

手術に関しては出来る限りの症例に対応しております。整形外科、形成外科の医療機関で習得した技術を使い、さらに傷跡の残らない、常に「綺麗な手術」を心がけています。

皮膚腫瘍(できもの等)、傷跡・やけど跡・ケロイド、熱傷、外傷、まき爪・陥入爪、皮膚潰瘍・褥瘡(床ずれ)、リンパ浮腫、耳垂裂、先天奇形、女性器・男性器形成外科手術など。お気軽にご相談ください。

形成外科

形成外科を一言でいうと、「体表面、皮膚の外科」です。外傷、熱傷、皮膚のできものなど多岐にわたりますので、みなさまに身近な診療科といえます。

bottom of page