top of page

プラセンタ治療(注射)

​プラセンタとは

プラセンタとは、人間をはじめとした哺乳類の胎盤のことをいいます。

胎盤とは、女性が妊娠した際、お腹の赤ちゃんの成長とともに子宮の中に作られる組織のことです。その重さは、出産直前になると500gにもなります。

胎盤は、お腹の赤ちゃんに栄養を送ったり、老廃物を母体に戻したり、有害物質から赤ちゃんを守るなど、重要な役割を担っています。
プラセンタには、タンパク質・糖質・脂質の三大栄養素をはじめとして、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、細胞の新陳代謝を促す成長因子など、豊富な栄養素が含まれています。そのため哺乳動物の多くは、出産後に自分自身の胎盤を食べることで、栄養を補給し、体力の回復をはかっているといわれているほどです。この胎盤からプラセンタエキスを抽出し、プラセンタ製剤が出来上がります。

​プラセンタの効果(外科系治療)

歯歯槽膿漏、歯周病、顎関節症など口腔外科の症状に効果があります。

リューマチ、骨折、捻挫の治癒促進に効果があります。

施術の副作用(リスク)

発赤、腫脹、硬結、動悸、痺れ、悪寒、めまい、悪心、肝機能障害、アレルギー反応の可能性があります。治療効果を実感いただくのに複数回の施術が必要となる場合もあり、その都度副作用が生じる可能性もございます。

プラセンタ

プラセンタは胎盤のことで、プラセンタエキスとは胎盤から抽出した有効成分を抽出した​ものです。

このエキスを注射で直接体内に取り込みます。

プラセンタは内科・婦人科をはじめ殆どの診療科目に対して効果があります。

プラセンタ注射
週に1回の皮下注射を3ヶ月1クールとして実施しています。

1回(4アンプル)3,500円(税込)

​初診料が2,200円必要となります。

 

プラセンタ
ピアス

ピアス

ご希望の位置にピアッシングをしております。施術にはピアッシング専用ガンを用います。ピアッシングは保険の適用外となりますが、処置後の抗生物質の投与や消毒などのケア、さらに万一化膿した場合やシコリになった場合の処置は保険適応で治療ができます。

20歳未満の方は保護者の方の同意書が必要です。同行される場合は不要。

ピアス

※印刷できない場合は

①住所
②電話番号
③ご本人名前
④ ”ピアスを開ける事に同意します" 保護者の方の氏名・捺印
⑤年月日
を必ず保護者の方に書いてもらってください。

施術方法
当院では、金属アレルギーや皮膚の弱い方はもちろん、すべての症例で医療用の純チタン製のものを使用しています。指輪などでは異常が出なくても、ファーストピアスではアレルギー症状があらわれる方が意外にいらっしゃるからです。金色と銀色とがございますが、両方ともメッキ処理はしておりません。ピアスは穴が固まるまで、挿入したままでにしておきます。耳たぶの薄い方で4週間。厚い方でも5~6週間もあれば穴は固まるでしょう。施術後1週間ほど経過してから一度だけ受診して経過を確認します。その後は、一ヶ月ほど放置し、その間はご自分でケアをおこなってもらっています。

施術の副作用(リスク):

穴がふさがる、付け替え時の傷、感染、ケロイド形成、ピアスホールの裂け、金属アレルギー等の可能性があります。

ファースト ピアス
片耳 3,300円
両耳 5,500円

医療用純チタン製 8mmピアス
(5種類のサンプルから お選びいただけます。)
・ピアッシング処置
・ 抗生物質と抗炎症剤 (一日分)


ファースト ピアス(持込み)
片耳 1,700円
両耳 2,800円

薬・消毒代530円を含みます。
・ピアッシング処置
・ 抗生物質と抗炎症剤 (一日分)

​ボディーピアスなどピアス可能部位に関してはお問い合わせください。

形成外科

形成外科手術

当院では局所麻酔を使った形成外科・美容形成外科手術も行っております。

手術に関しては出来る限りの症例に対応しております。整形外科、形成外科の医療機関で習得した技術を使い、さらに傷跡の残らない、常に「綺麗な手術」を心がけています。

皮膚腫瘍(できもの等)、傷跡・やけど跡・ケロイド、熱傷、外傷、まき爪・陥入爪、皮膚潰瘍・褥瘡(床ずれ)、リンパ浮腫、耳垂裂、先天奇形、女性器・男性器形成外科手術など。お気軽にご相談ください。

形成外科

形成外科を一言でいうと、「体表面、皮膚の外科」です。外傷、熱傷、皮膚のできものなど多岐にわたりますので、みなさまに身近な診療科といえます。

bottom of page