top of page

プラセンタ治療(注射)

​プラセンタとは

プラセンタとは、人間をはじめとした哺乳類の胎盤のことをいいます。

胎盤とは、女性が妊娠した際、お腹の赤ちゃんの成長とともに子宮の中に作られる組織のことです。その重さは、出産直前になると500gにもなります。

胎盤は、お腹の赤ちゃんに栄養を送ったり、老廃物を母体に戻したり、有害物質から赤ちゃんを守るなど、重要な役割を担っています。
プラセンタには、タンパク質・糖質・脂質の三大栄養素をはじめとして、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、細胞の新陳代謝を促す成長因子など、豊富な栄養素が含まれています。そのため哺乳動物の多くは、出産後に自分自身の胎盤を食べることで、栄養を補給し、体力の回復をはかっているといわれているほどです。この胎盤からプラセンタエキスを抽出し、プラセンタ製剤が出来上がります。

​プラセンタの効果(皮膚科治療)

アトピー性皮膚炎、発毛促進、じんましん、湿疹、ケロイド、シミ、そばかす、しわ、たるみ、ニキビ、美白などに効果があります。

施術の副作用(リスク)

発赤、腫脹、硬結、動悸、痺れ、悪寒、めまい、悪心、肝機能障害、アレルギー反応の可能性があります。治療効果を実感いただくのに複数回の施術が必要となる場合もあり、その都度副作用が生じる可能性もございます。

プラセンタ

プラセンタは胎盤のことで、プラセンタエキスとは胎盤から抽出した有効成分を抽出した​ものです。

このエキスを注射で直接体内に取り込みます。

プラセンタは内科・婦人科をはじめ殆どの診療科目に対して効果があります。

プラセンタ注射
週に1回の皮下注射を3ヶ月1クールとして実施しています。

1回(4アンプル)3,500円(税込)

​初診料が2,200円必要となります。

 

プラセンタ
薄毛治療

薄毛治療・頭皮再生(男性型AGA・女性の薄毛)

頭皮の再生医療

毛髪成長因子(サイトカイン)注入による薄毛改善治療。

治療は男性・女性問いません。

幹細胞培養上清液に発毛サイトカイン(KGFなど)を追加し、発毛に特化した強化型の成長因子を頭皮に導入いたします。
さらに治療効果を継続するために開発した幹細胞培養上清液ローションをデイケア用としてお付けいたします。
これはお薬によるホルモン調整治療ではございませんので女性にも施術可能です。

 

薄毛にお悩みの方、より強い効果をお望みの方、お薬が飲めない方、より美しい髪をお望みの方、まずはご相談ください。

施術の副作用(リスク)

施術後1週間程度赤みや痒みを伴う可能性がございます。

※治療期間には症状によって個人差がございます。

まずは5ヶ月からはじめていただいて経過によってその後をご相談いたします。

薄毛

頭皮の再生医療

1回 80,000円 
ローション込み

5回(月1回×5回)
400,000円 
ローション×5回分込み

お薬による治療

男性型脱毛症(AGA)治療

AGA治療薬を使えば80%以上の高確率で薄毛は改善できます。
男性型脱毛症(AGA)は、いわゆる若ハゲで、主に20代以降の男性に発症します。年齢とともに発症頻度は増加し、40代男性の約30%は男性型脱毛症であると言われています。当院では内服と同時に、頭皮にすりこむローションも合わせて処方しています。まずはご相談ください。

施術の副作用(リスク):性欲減退、ED、肝機能障害、うつ、精子減少

内服のみ
5,500円

内服+ローション
6,700円

形成外科

形成外科手術

当院では局所麻酔を使った形成外科・美容形成外科手術も行っております。

手術に関しては出来る限りの症例に対応しております。整形外科、形成外科の医療機関で習得した技術を使い、さらに傷跡の残らない、常に「綺麗な手術」を心がけています。

皮膚腫瘍(できもの等)、傷跡・やけど跡・ケロイド、熱傷、外傷、まき爪・陥入爪、皮膚潰瘍・褥瘡(床ずれ)、リンパ浮腫、耳垂裂、先天奇形、女性器・男性器形成外科手術など。お気軽にご相談ください。

形成外科

形成外科を一言でいうと、「体表面、皮膚の外科」です。外傷、熱傷、皮膚のできものなど多岐にわたりますので、みなさまに身近な診療科といえます。

bottom of page